入院医療費のお支払いについて

 当院は平成28年4月1日からDPC対象病院となり、入院医療費の計算方法が「DPC(包括払い)方式」になりました。

 DPCとは「診断群分類」という意味で、患者さんの「病名」と「診療行為」の組み合わせにより決定します。この診断群分類ごとに1日あたりの医療費が決められており、これをもとに入院医療費の計算を行っています。

・入院医療費は、月末締めで計算し、翌月10日頃および退院時の請求となります。(請求回数が少なくなることにより、1回の請求額が大きくなりますのでご注意ください。)

・入院医療費のお支払いは、以下の窓口でお願いします。 診療費納入通知書をお持ちください。クレジットカードでのお支払いも可能です。

 

受付窓口

受付時間

1階 会計窓口

平日の午前8時30分から午後5時30分
(年末年始を除く)

1階 時間外受付

平日の午後5時30分から翌日午前8時30分
土曜・日曜・祝日・年末年始

 

※三菱東京UFJ銀行・愛知銀行・豊橋信用金庫・豊川信用金庫・愛知東農業協同組合・蒲郡信用金庫では、営業時間内にかぎり、窓口でのお支払いが可能です。(診療費納入通知書をお持ちください。)

・領収書は再発行できませんので、大切に保管してください。

・すべての入院患者がDPC方式の対象となるわけではありません。地域包括ケア病棟の入院、歯科口腔外科の入院、労災・交通事故などで保険証を使用しない場合、DPC対象外の傷病、入院後24時間以内に亡くなられた場合は、今までの計算方法(出来高方式)となります。

・特別室を利用される場合は別途使用料金をご負担していただきます。カウンターイラスト

入院・お見舞いトップに戻る