当院では、東三河北部医療圏の基幹病院として、これまでの急性期機能を担う病棟に加えて、回復期機能を担う病棟「地域包括ケア病棟」を5階に開設しています。 

 地域包括ケア病棟では、治療により症状が安定した後、すぐに在宅や施設等へ移行するには不安のある患者さんに対し、入院医療を継続し、主治医、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー等が協力し、患者さんやご家族の意向を確認しながら、在宅復帰に向けたリハビリや相談、退院の準備を行います。

 ☆ 入院期間について

地域包括ケア病棟への移動・退院は、主治医が患者さんの状態に応じて決定します。保険診療上、地域包括ケア病棟へ入院した日から最長60日を限度としています。

※患者さんの病状の変化のため、主治医が集中的な治療が必要であると判断した場合には、一般病棟(3階、4階)へお部屋を移動することがあります。ご了承ください。

 ☆ 入院費用について

1日あたりの入院費は定額です。一部のお薬、処置・検査を除き、ほとんどの費用が含まれます。

※食事代・個室利用料などは、別途料金がかかります。

 

 

入院・お見舞いトップに戻る