一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会認定
家庭医療後期研修プログラム

奥三河家庭医療プログラム

当プログラムでは、愛知県の東三河北部医療圏(新城市、東栄町、設楽町、豊根村)での地域医療を通して、家族、地域とのつながりの中で患者を支える能力の獲得を目指します。
【地域医療の仕組みを学ぶ】
プライマリケアから高次医療まで含めた仕組み、地域内での介護、福祉、保健との関わり、医療機関内での医師としての役割や責任などを学びます。
【地域に貢献する医師を目指す】
目の前の患者に対応する能力はもちろんのこと、地域の抱える健康問題をシステムの中で解決していく姿勢などを、さまざまな視点から学び、医師としてできる地域貢献の在り方を考えます。
 【研修期間】
3年間
 【後期研修医定員】
1年あたり3名 
【プログラムの概要】
家庭医療専門研修東栄町国民健康保険東栄病院が中心となって行います。(連続した6ヶ月以上)
家庭医療の実践、外来における患者中心のケア、近接的ケア、継続的ケア、包括的ケア、保健や介護関連の活動、家族志向・地域志向のケアを存分に研修できます。
領域別研修新城市民病院が中心となって行います。(連続した6ヶ月以上)
総合診療科および小児科領域の入院診療・外来診療を研修できます。
総合診療科の研修では家庭医療・地域医療のスペシャリスト、名郷直樹先生(医療法人社団実幸会 武蔵国分寺公園クリニック院長、日本プライマリ・ケア連合学会指導医)が定期的にフォローします。
一般外科、産婦人科、救急医学、整形外科、皮膚科、泌尿器科、放射線科領域の研修にも対応しています。

 

 総合診療医、ジェネラリスト医を目指す方、開業前に家庭医療専門医を目指す方は是非、当プログラムをご利用ください!