家庭医療後期研修プログラム

一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会認定

 

【プログラム名称】

奥三河家庭医療プログラム

【プログラムの概要】

本プログラムは、愛知県の山間地区での地域医療を通して、家族、地域とのつながりの中で患者を支える能力の獲得を目指すものである。

プライマリケアから高次医療機関まで含めた地域の医療のしくみ、地域の中での介護、福祉、保健とのかかわり、医療機関内での医師としての役割や責任など、さまざまな視点を増やしながら、目の前の患者に対応する能力とともに、地域の健康問題をシステムの中で解決していく姿勢を学ぶ。一人の医師としての地域への貢献の在り方を考える。

【研修期間】

3年間

【後期研修医定員】

1年あたり 3名

【プログラム内容】

・家庭医療専門研修

研修領域

期間

研修施設

家庭医療専門研修

6~27ヶ月

東栄町国保東栄病院

 

家庭医療専門研修について次の要件を満たす


・主として家庭医療を実践している医療機関である
・外来における患者中心のケアを研修できる
・近接的なケアを研修できる
・継続的なケアを研修できる
・包括的なケアを研修できる
・保健や介護関連の活動を研修できる
・家族指向、地域指向のケアを研修できる

  

・必修の領域別研修 

研修領域

期間

研修施設

内科

6~27ヶ月

新城市民病院

 

内科研修について次の要件を満たす


・臓器別ではない総合(一般)内科または総合診療科である。
・入院診療及び外来診療を研修できる。

 

 

研修領域

期間

研修施設

小児科

3ヶ月

新城市民病院

 

小児科研修について次の要件を満たす


・総合的に小児領域の研修ができる
・入院診療及び外来診療を研修できる

 

 

 ・望ましい領域別研修

研修領域

期間

研修施設

一般外科

1~3ヶ月

新城市民病院 外科

産科婦人科

1~3ヶ月

新城市民病院 産婦人科

救急医学

1~3ヶ月

新城市民病院 総合診療科

整形外科

1~3ヶ月

新城市民病院 整形外科
東栄町国保東栄病院 整形外科

皮膚科

1~3ヶ月

新城市民病院 皮膚科

泌尿器科

1~3ヶ月

新城市民病院 泌尿器科

放射線科(診断・撮影)

1~3ヶ月

新城市民病院 放射線科

 

  

【ローテーションスケジュール例】 

各研修期間については研修医と相談の上、研修開始時に決定する。

 

(1)家庭医療研修中心のローテーション

 

1年目

総合診療科
(新城市民病院6ヶ月)

小児科
(新城市民病院3ヶ月)

選択

(新城市民病院/東栄町国保東栄病院3ヶ月)

2年目

家庭医療研修

(東栄町国保東栄病院12ヶ月)

3年目

家庭医療研修(東栄町国保東栄病院6ヶ月)、総合診療科(新城市民病院6ヶ月)

 

 

(2)病院総合診療科中心のローテーション

 

1年目

総合診療科
(新城市民病院6ヶ月)

小児科
(新城市民病院3ヶ月)

選択

(新城市民病院/東栄町国保東栄病院3ヶ月)

2年目

家庭医療研修

(東栄町国保東栄病院12ヶ月)

3年目

総合診療科(新城市民病院12ヶ月月)

 

 

東栄町国保東栄病院での週間予定例

 

 

午前

外来診療

検査

(内視鏡・超音波)

外来診療

外来診療

外来診療

午後

在宅往診

老健回診

外来診療

在宅往診

研修

フィードバック

 

 

新城市民病院総合診療科での週間予定例

 

 

午前

外来診療

検査

(内視鏡・超音波)

救急当番

外来診療

外来診療

午後

外来診療

病棟退院

カンファレンス

救急当番

在宅往診

研修

フィードバック