平成29年度 新城市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 6 19 26 57 68 202 388 630 295
患者さんの年齢層は、10歳代から90歳以上と幅広いです。
89歳までは年齢が上がるにつれ、患者数が多くなっています。
70歳以上の患者さんが77.64%を占め、最も多い年齢区分の80歳代は37.25%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 16.43 15.61 0.00 78.21  
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 3.92 7.21 0.00 82.00  
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 24.45 17.49 0.00 69.91  
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 10 10.30 13.52 0.00 72.50  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 10 7.90 6.64 0.00 59.10  
全て消化器系疾患です。また転院率が0であり、当院で入院治療を終えて退院しています。
最も多いのは「結腸の悪性腫瘍に対し手術を行う」診断群分類です。
2番目に多い「結腸の悪性腫瘍に対し手術を行わない」診断群分類の平均在院日数は、全国と比べて約2分の1と短いです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 67 44.39 27.09 7.46 87.48  
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 - - - - -  
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし - - - - -  
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 副傷病あり - - - - -  
160820xx97xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 その他の手術あり - - - - -  
最も多い「股関節大腿骨近位部骨折に対して手術を行う」は、金属の骨頭を入れ替える手術やプレートやスクリューなどによる内固定を行う手術を行っています。
平均在院日数が全国と比べて長いのは、手術後に地域包括ケア病棟へ転棟し、引き続きリハビリテーションを行うからです。
厚生労働省が定めた集計条件により、10未満の数値は‐(ハイフン)としますが、DPCコード、DPC名称、平均在院日数(全国)のみ掲載しております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 19.67 17.71 2.90 88.59  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 24.36 20.83 9.38 88.16  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 45 28.44 19.94 2.22 84.58  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 11.00 10.61 0.00 83.90  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 26 16.65 12.34 0.00 80.31  
上位5位までの全てが、平均年齢80歳以上と高齢者が多く、平均在院日数が全国と比べて若干長くなっています。
最も多い「心不全」は、当院で最も多い診断群分類です。
4番目の「胆管結石、胆管炎」のほとんどが、内視鏡下で行われた手術です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 - - - - - 1 7
大腸癌 15 - 16 11 18 14 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸癌のステージ不明の患者さんが多いのは、癌細胞を調べる検査を短期入院中に行っており、入院中に結果報告できないため、退院後に確定診断を得ているからです。
大腸癌は外科で開腹手術や腹腔鏡下手術、内科で内視鏡下手術による治療を行っています。
胃癌はStageⅠが最も多い分類です。
厚生労働省が定めた集計条件により、10未満の数値は‐(ハイフン)としますが、DPCコード、DPC名称、平均在院日数(全国)のみ掲載しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 59 16.44 82.34
重症 21 25.52 85.52
超重症 - - -
不明 - - -
中等症、重症ともに平均年齢が80歳以上であり、重症度が上がるに連れて平均年齢も上がり、平均在院日数が長くなります。
中等症は入院、外来どちらの治療も適応ですが、当院では患者数が最も多くなっています。
重症は入院治療の適応となります。
厚生労働省が定めた集計条件により、10未満の数値は‐(ハイフン)としますが、DPCコード、DPC名称、平均在院日数(全国)のみ掲載しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 69 27.67 83.35 12.05
その他 14 33.93 77.93 3.61
平均年齢は全体で80歳以上と高齢となっています。
発症日から「3日以内」は、転院率が12.05%で主な転院先は回復期リハビリテーション病院です。
発症日から「その他」は、他院からの紹介患者さんで主にリハビリテーション目的入院の患者さんです。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 42 1.05 4.26 0.00 72.90  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 16 1.06 4.38 6.25 72.94  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 2.36 5.50 0.00 58.36  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 13 2.85 19.23 0.00 79.00  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 13 1.31 3.00 7.69 75.23  
「ヘルニア手術」は当院で2番目に多い手術件数です。
「結腸切除術」において術後日数が長くなるのは、基本的動作能力の回復のためにリハビリテーションを行う場合があるためです。
その他4つの手術は術前・術後ともに短くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 49 2.14 35.63 6.12 86.84  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 5.90 45.85 10.00 86.70  
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 10 0.10 0.80 0.00 63.50  
K0462 骨折観血的手術(前腕) - - - - -  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) - - - - -  
「骨折観血的手術(大腿)」は当院で最も多い手術件数であり、「人工骨頭挿入術(股)」とともに股関節大腿近位骨折に対する手術です。
「骨内異物除去術(下腿)」は骨折手術で内固定を行い、骨融合が完成してからプレートやスクリューを抜去する手術です。
厚生労働省が定めた集計条件により、10未満の数値は‐(ハイフン)としますが、DPCコード、DPC名称、平均在院日数(全国)のみ掲載しております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 26 2.69 12.27 3.85 78.35  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 26 2.00 2.35 0.00 73.00  
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 20 1.80 8.60 0.00 83.80  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 16 1.50 1.44 0.00 68.44  
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 0.85 7.08 0.00 76.54  
すべて消化器系疾患であり、内視鏡下で行われる手術です。
「内視鏡的胆道ステント留置術」「内視鏡的膵管ステント留置術」において術後日数が長くなるのは、基本的動作能力の回復のためにリハビリテーションを行う場合があるからです。
「内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術」の術前日数が1日を切るのは、入院当日に手術を行う場合があるからです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
厚生労働省が定めた集計条件により、10未満の数値は‐(ハイフン)としますが、DPCコード、DPC名称、平均在院日数(全国)のみ掲載しております。
更新履歴
2018/09/22
更新