消化器科・外科

 

  科の特徴     

  診察・治療内容

 

 

  

 医師紹介

院長

綿引 洋一

医学博士、日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医、乳腺マンモグラフィ読影認定、浜松医科大学臨床教授

 

副院長

横井 佳博

医学博士、日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、乳腺マンモグラフィ読影認定、ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター、日本癌治療学会暫定教育医、日本肝胆膵外科学会評議員 

 

診療部長

金子 猛

医学博士、日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医、日本消化器内視鏡学会専門医、乳腺マンモグラフィ読影認定、日本静脈経腸栄養学会認定医

 

部長医師

澤柳 智樹

日本外科学会専門医

 

 

科の特徴

 

消化器臓器(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門・肝臓・胆のう・胆管・膵臓)、脾臓、腹膜、腹壁に発生する外科的疾患が対象になります。大きくは、腹部の諸臓器に食道を加えた領域の疾患です。

疾患としては、がんなどの悪性疾患、良性腫瘍、潰瘍、胆石、炎症性腸疾患、感染症、臓器の血行障害、腸閉塞、ヘルニア(鼠径、大腿等)などで、外科的治療を行います。

「消化器・一般外科」のほか、「肝・胆・膵外科」「乳腺外科」「甲状腺」の専門外来も行っています。

内視鏡検査も積極的に行っており、病気の早期発見・早期治療を目指しています。健診後の二次検査にも対応しており、特に大腸がんの早期発見のため、出前講座などの啓蒙活動に努めています。また、外来通院における抗がん剤治療にも力を入れています。

治療の適応・方法については、“より安全に”、“最良の方法で”、また、“十分納得して”治療を受けていただけるように、毎週金曜日にカンファレンスを実施しています。

 

診察・治療内容

消化器・一般外科

消化器臓器に発生するがんなどの悪性腫瘍、良性腫瘍、潰瘍や炎症性腸疾患、感染症、臓器の血行障害、腸閉塞、ヘルニア、虫垂炎などの診断・治療にあたります。

 

 

【行っている手術】

上部消化管:胃全摘出術、幽門側胃切除術、噴門側胃切除術など
下部消化管:小腸切除術、結腸切除術、低位前方切除術、直腸切断術+人工肛門増設術、痔核・痔ろう根治術などの痔硬化療法、ヘルニア根治術、虫垂切除術、腸閉塞手術など

 

【検査内容】

血液検査、CT、MRI、腹部超音波検査、一般撮影、病理検査、胃カメラ、大腸カメラなど

 ※胃カメラ(経鼻、経口)、大腸カメラに関しては他院からの紹介予約にも対応しています。(地域医療連携室経由です)

 

 ページの先頭

 

肝・胆・膵外科

肝臓(がん・のう胞など)、胆のう・胆管(がん・結石)、膵臓(がん・のう胞など)疾患の検査、診断と治療を行っています。

 

 

【行っている手術】

肝臓切除術、腹腔鏡下胆のう摘出術、胆のう除去術、胆のう摘出術、膵切除(膵頭十二指腸切除術)、胆道ドレナージ術(ERBD、PTCD)など

 

【検査内容】

CT、MRI、超音波検査、肝動脈造影(塞栓術)、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、EST(内視鏡的乳頭切開術・載石術)、PTC(経皮経肝胆管造影)など

 

ページの先頭

 

乳腺外科

乳がん検診の二次検診、乳がん、乳腺症などの疾患を診察しています。乳腺疾患の確実な診断と治療を目指し、専門の知識を持った職員で対応させていただきます。

 

 

 

【検査内容】

視診、触診、デジタルマンモグラフィー、超音波検査、細胞診など

 

ページの先頭

 

甲状腺外来イラスト

甲状腺腫、甲状腺がんなどの診療を専門医が担当しています。

 

 

【検査内容】

超音波検査、細胞診、甲状腺生検など

 

ページの先頭

 

外来治療室

入院せず通院しながらがんを治療する患者さんのために外来治療室をご利用いただけます。外来治療室では、主治医、専門の薬剤師・看護師が対応させていただきます。イラスト

どんなことでもお気軽に御相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭