婦人科

 科の特徴

 診察・治療内容

 検査内容

 

 

 

 

科の特徴

「産婦人科に行くのは、抵抗がある」と思っていらっしゃる方は比較的多いのではないでしょうか。当科は気軽な気持ちで来ていただける、「女性のための外来」をめざしています。診療に際しては説明の時間を十分にとり、病態を理解し納得していただくことに努めています。

分娩は現在取り扱っておりませんが、妊婦健診は実施しています。エコーを用いての時間をかけた説明は「胎児の様子がよくわかる」と好評をいただいております。

子宮筋腫や卵巣嚢腫等の診断・治療(保存的治療や外科的手術)はもちろん、子宮がんや卵巣がんの検診・診断、および初期がんの治療(抗がん剤による化学療法や外科的手術)も行っています。進行がんの場合は他施設とも連携をとり、専門施設へすみやかに紹介いたしております。

 

診察・治療内容 

産科

妊娠の診断から、初期検査、妊娠後期(妊娠9ヶ月)までの妊婦健診を行います。また、希望により産後の健診も行っています。
帝王切開があらかじめ予想される妊婦さんは妊娠8ヶ月まで健診を行います。
必要に応じ、重症妊娠悪阻や切迫流産の妊婦さんの入院治療を行いますが、分娩に至る可能性のある切迫早産の妊婦さんは、分娩施設のある病院にご紹介しています。

ページの先頭

婦人科婦人科診察室

良性腫瘍(子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜症など)、感染症(カンジダ膣炎・クラミジア頚管炎・骨盤内感染など)、中高年女性特有の疾患(更年期障害・子宮脱・尿失禁など)、月経の異常(不正出血・月経痛・過多月経・月経不順など)の診断と治療。
悪性腫瘍(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど)の検診と診断。

不妊症の検査と治療(体外受精が必要な方は専門施設へ紹介しています)。

ページの先頭 

 

 

 

これって "更年期" かしら・・・?

「顔がほてる」「イライラしたり、くよくよしたり、憂鬱になる」「どこも悪くないと言われているが、何となく体調が悪い」など診断がつかない症状で悩んでいませんか。もしかすると更年期特有の症状かもしれません。閉経前後のはっきりしない症状でお困りの方は一度婦人科にご相談ください。

 

ページの先頭

検査内容

経膣・腹部エコー、細胞診(市の検診も含む)・組織診、拡大鏡検査、細菌検査卵管造影検査など、ドックおよび各種検診の二次検診も行っています。

ページの先頭