歯科口腔外科

 科の特徴

 診察・治療内容

 検査内容

 その他

 

科の特徴

歯の治療に恐怖心をもつ患者さんにも安心して受けていただくことができるよう親知らずの全抜歯を1泊入院で行っています。手術は笑気、鎮痛薬をバランスよく組み合わせ、できるだけ痛みのないように実施しています。

診察・治療内容

  • 歯列矯正専門医からの紹介で、上アゴのまんなかに過剰な歯が埋まっているために永久歯が生えない、歯並びが悪くなった、などのお子さんの過剰歯抜去
  • 急性炎症(糖尿病、高血圧症、心不全、人工透析加療、抗凝固療法中など、持病のある患者さんの抜歯、切開術などの外科処置を行います)
  • 外傷処置(交通事故、労働災害などで顔面を傷つけた場合に、顔面の縫合処置を行います。また、多発的に顔の骨が折れた場合、骨折部の整復・固定術を行います)
  • 顎関節症(口があかない、ムリにあけるとアゴが痛む、夜中に歯ぎしりして熟睡できない、などを自覚された方を対象とします。投薬,スプリント療法を主に、保存的な治療を行います)
  • 嚢胞疾患(口の中に袋状の膜ができ、水や膿がたまる粘液嚢胞、がま腫、骨の中にできる歯根嚢胞、濾胞性歯嚢胞などの外科的摘出を行います)
  • 唾石症(唾液を作る袋に石ができ、腫れて痛んだ場合、石や唾液の袋をとる手術を行います)
  • 口腔の腫瘍(口にできた良性、悪性の腫瘍を摘出します。良性は軟組織の腫瘍、 悪性は舌癌、歯肉癌を主体に治療しています。その他に、歯が原因のエナメル上皮腫という骨の病気もあります。手術後はCT、MRI、シンチ、エコー、 レントゲン、腫瘍マーカーを参考に術後評価し経過観察を行います。)
  • 神経疾患(三叉神経痛による顔面の痛みや口腔内・顔面の帯状疱疹ヘルペスの治療に神経ブロック、薬物療法を施行しています。顔面神経麻痺に対しては入院下に神経賦活剤の点滴投与を行い、悪化・進行を抑止します。)
  • 顎変形症(受け口や上顎の突出に対しアゴの骨を切って前後に動かし、正しい位置でかめるように手術します。)
  • 味覚障害、口腔乾燥症、舌痛症、再発性口内炎(前述の愁訴に対し薬物療法を主に加療しています。)

ページの先頭

検査内容

  • CT
  • MRI
  • RI
  • エコー
  • レントゲン
  • 腫瘍マーカー
  • 血液検査・細菌検査・病理検査

など。

ページの先頭

その他

新城歯科医師会、新城医師会、東三河北部医療圏歯科連絡協議会、東三河口腔外科懇話会、病院歯科口腔外科懇話会、大学病院と緊密に病診連携をとりながら診療を行っています。初診時、近隣開業医からの紹介率は約25%です。

ページの先頭