臨床工学技士とは

 臨床工学技士は医療職の1種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。今後ますます増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。臨床工学技士の歴史は浅く、医療と工学の両方を兼ね備えた国家資格で、1987年に制定されました。臨床工学技士になるには定められた学校を卒業し国家試験に合格する必要があります。

  

当院の概要

臨床工学技士が医療機器安全管理責任者を兼任しており、院内全ての医療機器(医療材料含む)を管理しています。また、医療ガス、洗浄・滅菌管理も行っています。 

 

業務内容

医療機器管理業務

医療機器は中央管理化しており、輸液ポンプやシリンジポンプなどの機器は点検を実施しています。また、不具合があった機器については対応しています。

 

血液浄化業務

人工透析として、HDOHDFAFBFなどを行っています。アフェレシス療法として、血液吸着療法や血漿交換療法などを行っています。腹水濾過濃縮再静注法も行っています。

血液浄化装置などは臨床工学技士が管理しており、安全に治療を行っています。また、透析患者様のシャント管理、基本体重(DW)評価、血流評価、透析効率等の評価を様々な検査装置を用いて行っています。

 

手術・中央材料業務

主に使用前点検、定期点検などの管理業務を行っています。特殊な手術には立ち会いもします。経皮的血管拡張術(PTA)や経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)などの手術には機器の操作や介助もしています。中央材料室では洗浄・滅菌の装置を含めた管理をしています。

 

内視鏡業務

院内全ての内視鏡装置管理業務を行っています。必要に応じて内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)等の検査・手術の介助を行っています。

 

循環器業務

月1回のペースメーカチェックやデータ管理を行っています。

 

呼吸関連業務

人工呼吸器の点検や病棟ラウンド、回路の組み立て・交換をしています。非侵襲的陽圧換気(NPPV)、高流量酸素療法にも対応しています。

 

在宅医療

在宅酸素療法や在宅呼吸器、超音波骨折治療法等の指導・訓練を行っています。また、在宅医療機器の管理も行っています。

 

活動実績(学会・発表等)

学会・講演

種類 演者名 演題名・講演名 学会・講演会名 開催月 開催場所
講演 鈴木祥仁 臨床工学技士の中央材料室における管理・役割 第26回日本臨床工学会 2016年05月 京都
一般演題 守屋賢志 東三河地方災害ネットワーク構築を目指して 第61回日本透析医学会学術集会 2016年06月 大阪
一般演題 鈴木祥仁 輸液セットのセットミスから中心静脈カテーテル閉塞を経験して 第91回日本医療機器学会大会 2016年06月 大阪
一般演題 鈴木祥仁 東三河地方災害ネットワーク構築を目指して 第55回全国自治体病院学会 2016年10月 富山
一般演題 斎藤夏実 当院のバスキュラーアクセストラブル時の臨床工学技士の役割 第55回全国自治体病院学会 2016年10月 富山
一般演題 守屋賢志 バスキュラーアクセス作成時の血管評価基準の検討 第62回日本透析医学会学術集会 2017年06月 神奈川
講演 守屋賢志 バスキュラーアクセスのエコー活用方法 第12回東三河透析研究会 2017年01月 愛知
一般演題 鈴木祥仁 透析中エコーを使用したバスキュラーアクセス再循環の評価 第12回日本透析クリアランスギャップ研究会学術集会 2017年08月 千葉
講演 鈴木祥仁 JHAT(日本災害時透析医療協働支援チーム)とは 第13回東三河透析研究会 2017年08月 愛知
一般演題 鈴木祥仁 腹水濾過濃縮再静注法(CART)において腹水濾過器の洗浄法の検討 第38回日本アフェレシス学会学術大会 2017年10月 千葉
一般演題 斎藤夏実 滅菌管理システムを導入して 第56回全国自治体病院学会 2017年10月 千葉
講演 鈴木祥仁 呼吸療法から見た慢性維持透析 第15回患者様のQOLを考える会 2017年11月 三重
一般演題 斎藤夏実 腹水濾過濃縮再静注法において腹水濾過器洗浄の検討 第21回日本アフェレシス学会中部地方会 2017年12月 愛知

座長・司会

種類 座長・司会 学会・講演会名 開催月 開催場所
司会 鈴木祥仁 第10回東三河透析研究会 2016年04月 愛知
司会 鈴木祥仁 第11回東三河透析研究会  2016年08月 愛知
司会 鈴木祥仁 第12回東三河透析研究会 2017年01月 愛知
座長 鈴木祥仁 第95回東海透析研究会 2017年09月 愛知
座長 鈴木祥仁 第21回日本アフェレシス学会中部地方会 2017年12月 愛知

 

                                           先頭ページへ↑