業務内容

栄養指導課では入院患者さんの症状に応じた食事を安全で美味しく提供するように努めています。
また、疾病の回復・予防・健康増進のための「栄養相談」を行っています。

 

入院患者さんへの食事提供

医師の指示に基づいて、病態に応じた栄養量で食事を提供しています。
アレルギー、嗜好に合わせた食品の除去も可能な限り対応し、主食や副食の形態なども患者さんの状況に合わせて提供しています。安全で食べやすい食事が提供できるように努めています。
行事食、治療上食事制限の必要がない患者さん対象に選択メニュー等も実施しています。

 

入院患者さんの栄養管理

看護師による栄養評価に基づいて栄養管理計画を作成しています。栄養の改善が積極的に必要な場合は、「NST(栄養サポートチーム)」により栄養療法の提案を行っています。

 

栄養相談

個別栄養相談

外来・入院患者さんを対象に医師の指示に基づき各疾患に合わせて食事療法の提案をさせていただきます。相談を希望される方は主治医にお申し出ください。 

 

集団栄養相談

週1回糖尿病教室にて実施しています。

 

糖尿病透析予防指導

外来では、糖尿病で腎機能が低下した方を対象に医師・看護師・管理栄養士が連携し療養を支援する糖尿病透析予防指導を実施しています。医師の指示のもと糖尿病性腎症の透析への移行や合併症進行の予防に取り組んでいます。

 

 

食事サービス

選択メニュー

特に治療の上で食事制限の必要のない患者様につきましては通常、2種類のメニューから選んでいただけるよう選択メニューを取り入れています。

 

行事食

各行事にちなんだ食事つくりで季節を味わっていただけるよう心がけています。

 

入院食の個別対応

アレルギー、食欲不振などの対応や、肉・魚嫌いなどといった嗜好にもできる限り対応をしています。

                                             先頭ページへ↑