新城市作手診療所とは?

診療所外観

当診療所は、昭和22年10月、作手村国民健康保険組合の直営診療所として開設いたしました。

昭和25年7月には、菅沼地区に北部出張診療所を、続いて杉平地区に南部出張診療所を開設いたしました。

当初の建物は、古い建物を買収したもので痛みが激しかったため、昭和36年4月に新築移転に伴い母子健康福祉センターを併設いたしました。

その後、出張診療所の受診率低下により昭和45年に南部と北部の出張診療所を休診としマイクロバスによる患者輸送を開始いたしました。

その後、診療所の建物も築30年を経過し全体に痛みが激しくなるとともに、交通事情の変化等により診療所敷地が手狭となったため,平成3年に保健、医療の包括的役割を果たすため、現在地に保健センターを併設し新築移転いたしました。

また、保健・医療・福祉のトータルケアを推進するため平成11年には隣接地に高齢者生活福祉センター「虹の郷」を設置するとともに、診療所と通路で接続して施設の一体化を図りました。

平成17年10月1日には、市町村合併に伴い「新城市作手診療所」として現在に至っております。

なお、昭和50年頃から医師の確保が課題となりましたが、へき地という地理的ハンディもあり、苦慮する中で医療学生奨学金制度を創設するなどして自助努力をいたしました。

その後愛知県においてへき地診療所へ医師を派遣する制度が開始されました。

作手診療所では昭和56年から医師の派遣をいただき今日に至っております。

こうしたことから作手診療所は、自治医科大学卒業生の実践活動の場としての位置付けを持ち合わせた診療所となっております。

 

トップページに戻る