病棟で行っている取り組みについてご紹介します。

 

摂食・嚥下リハビリを行っています。

                                  

おいしく食事を摂れることは日常生活の中で大きな楽しみの一つです。この「食べる」という運動が支障を来たすことを摂食・嚥下障害といいます。摂食・嚥下リハビリでは患者さんに合わせた食事や栄養摂取のスタイルを確立することを目標としています。また、摂食・嚥下リハビリは誤嚥性肺炎の予防にもつながります。 

 

 季節の催し(アソビリテーション)

 

 

 

楽しくリハビリができるよう音楽・歌・ゲームを取り入れ、年4回 夏祭り、運動会、クリスマス会、節分を開催しています。デイルームは季節感を味わっていただけるよう壁を飾り、食事が楽しく・おいしく摂取できるようお手伝いさせていただきます。

 

 

 

 

 

医師を中心とした症例カンファレンス

 

治療方針や手術前後の経過、退院後の生活を踏まえたリハビリについて話し合っています。また、必要に応じて地域のケアマネージャーと連携し、退院後の生活が困らないように話し合いを持っています。