放射線課の概要

「放射線課」という名称に馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。でも「レントゲン検査」、「レントゲン写真」という言葉はご存知の方も多いのではないでしょうか。 
1895年にドイツのレントゲン博士は不思議な性質を持つ放射線を発見し、エックス線(X線)と名づけました。X線は体を透過する力があり、体の中の状態を写真(画像)にして病気の診断に利用され、また、その生物学的な作用を利用してガンなどの治療に応用されています。“X線なくして医学なし”といわれるように、医学の進歩に大きく貢献しています。
放射線課は、この「レントゲン=X線」を中心に、X線以外の放射線や、放射線ではないMRI、超音波などを利用して、人体内部の情報を画像化して病気の診断を行う画像診断部門です。すべての画像はデジタル化され、病院内の端末に配信され、迅速な診療に役立っています。
各診療科の外来を受診、あるいは入院された時に主治医からの依頼により、放射線課での検査や治療を受けていただきます。最先端の医療機器を備え、最新の医療技術で、安全に最善を尽くした高度な医療を提供しています。

放射線検査(機器)のご紹介

  〔写真をクリックしてください〕

 一般写真 

 

 一般写真

  

 マンモグラフィー 

 

 マンモグラフィー

 

    CT

 

 CT

 

 MRI   

 

MRI

 
超音波  
 

超音波

     

造影検査

 

 

 造影検査

 

 

 

骨塩定量検査

 

 

 放射線 Q&A 

 

 CT・MRI・超音波・依頼検査のご予約

 

依頼検査について 

他院の先生方からの直接の検査依頼も受けております。かかりつけの先生より『地域医療連携室』を通じてご予約いただくと当院の患者さんと同様に検査をさせていただきます。

放射線課の検査の多くは予約検査です。当日の予約時間に遅れますと検査が出来ない場合や、検査の順番の都合で長くお待ちいただく事もありますので、当日は予約時間に余裕を持ってお越し下さい。当日どうしてもご都合の悪くなられた方は事前に放射線課までご連絡ください。